丘の上の都市

丘の上にある都市があり、そこに行きたい人全員が天国に登るように登る必要があります。 Divine Willが選んだ都市は、52回攻撃され、44回攻略され、23回包囲され、2回完全に破壊されました。日の出と日没で輝く都市。まるで神が身体と出会う場所としての地位を強調するかのように。 3000人のユダヤ人の絶え間ない心の鼓動の中心であり、2000年のユダヤ人の憧れの中心である都市。数千年にわたってユダヤ人が向きを変え、埋葬を求めてきた都市。 2000年の間、主権を持たなかった人々の首都。何よりも、それはユダヤ人国家を例示する都市です。償還、再生、闘争、忍耐、そして信仰。

エルサレム;平和の街、物語の街、そしてその人々の街、ユダヤ人の街。丘の上にある都市に対する神聖な主張を決して忘れなかった荒廃した国家の古代と現代の両方の物語の震源地となった都市。通りを歩く場所とは、タナッハの偉大な賢者や預言者、1967年の解放者としての足跡を歩くことを意味します。最も世俗的なユダヤ人でさえもその神聖な存在は、この都市にはもっと何か、形而上学的なものがあり、それは有限の世界と無限の間にあるように見えることを認識しています。これは、古代の戦いと現代の緊張が地球上のどこにも並ぶことなく傷ついた都市です。

最大のラビが破壊で泣き、再会で喜びに打ち勝たれた都市。金と鉄の都市。血とミルクと蜂蜜の街。ユダヤ人が「行くのではなく、戻る」場所。ダビデ王が都市をイスラエルの首都にした後、ローマ人が相続人からそれを引き裂いた後も永遠に首都のままであったため、芳香の匂いは変わりませんでした。 。ダビデ王以来、すべてのユダヤ人の心に住んでいた都市。たとえ彼らが物理的にそこに住むことができなかったとしても。ユダヤ人が結婚式で思い出す破壊の街。ゼカリヤの言葉の言葉が現実になったのを見ました。「こうしてホストの主はこう言います。老人と老婦人がエルサレムの街に住む日が来るでしょう…そして街の街は男の子と女の子でいっぱいになります。遊びます。"

曲がりくねった曲がりくねった道とこの街を歩いていくと、ここに来ることができなかった何百万人ものユダヤ人が加わります。コテルに近づくと、昔のラビとホロコーストの恐怖で殺害された人々、そしてバビロンの川で泣いた人々と手をつないで歩きます。壁でシェマを唱えると、唇にシェマで殺されたラビアキバが加わります。突然あなたがそれを話さず、彼があなたを通してそれを話しています。この都市、丘の上にあるこの都市でのみ、あなたは一人ではありませんが、この神の都市にいる権利のために、切望し、泣き、祈り、戦い、そして死んだユダヤ人の偉大な時代の一部です。